「敷物 さりげ」は福岡市早良区高取にて敷物全般(鍋島緞通、絨毯、ギャッベなど)を販売しているお店です!

説明(藺草・夏物)

  • HOME »
  • 説明(藺草・夏物)

花ござ(イ草)

当店で取り扱う花ござは全て100%純国産です!!最近はマンション・アパートが増え畳離れされている方はたくさんいらっしゃると思います。そんな時こそ花ござはいかかでしょうか?

イ草は人に優しい天然素材。だから長い年月を経て受け継がれ、様々な効能があります。

●空気を清浄する力(消臭する力)・・・イ草の内部は六角形が重なった蜂の巣のような構造で繊維と繊維の間には節があり、内部の表面積が広くスポンジ状になったイ草が呼吸することで排気ガス・二酸化炭素・アルデヒドを吸着させ空気をきれいにしてくれます。その際に悪臭の原因になる汗臭・ペットの臭い・トイレの臭い・タバコの臭い等の臭いもスッキリさせてくれますよ。

●温度を調節する力・・・イ草は吸汗吸湿機能をうまく利用した機能的な敷物です。室内の湿気がこもりにくく、爽やかで快適なお部屋作りをしてくれます。特に梅雨の時期の湿気が多いシーズンにはもってこいです。

●集中力効果・・・イ草に含まれる香の成分には精神を安定させる効果があります。勉強やお仕事が効率upすること間違いないでしょう!(本当にお香をたてているようないい香りがします)

他にも室内の保温断熱効果、素足で歩けばツボに刺激を与え血液の循環を良くしてくれます。

<生産地>・熊本 八代平野 <製造>・福岡 柳川市 大川市 三潴郡 ・岡山 倉敷市 岡山市

国産の花ござは4年~5年持ちます。

 

藤(ラターン)

東南アジア地域(主にインドネシア)を主産地とするヤシ科の植物。藤にはセガ藤、ロンティ藤、紅藤、トヒチ藤があります。特徴としてはべとつかずひんやりとした肌触り(外気より一度低いと言われています)耐久性は30年以上あり機材より軽く弾力性があります。長く使うと飴色になり光沢が出てきます。

<藤の織り方>

藤ムシロ・・・丸藤より2~4本割りビラを取り、藤ビラに糸を通していく方法。糸通しも27穴・31穴・35穴・39穴・41穴・45穴があります。穴とは本間1間(191cm)の藤の長さの中に糸を通す本数です。最近はフローリングに敷かれる関係でウラ張りが多いようですが本来ウラなしが主流です。温泉の脱衣所に敷かれているモノはウラなしです。

藤アジロ・・・藤の表皮のみ使い手編み。表皮(約7厘)を2本づつ飛ばし、次の列は1段ずらし、2本づつ飛ばして編んでいく方法。藤の種類とウラ張り加工(和紙張り、不織布張り、錦布張り)により価格が異なります。

マットサイズ、廊下敷きサイズあり。藤敷物に関しては国内生産はありません(国内加工はあり)

簾(すだれ)

細く削った竹と細い茎の蘆(あし)などを絹糸麻糸で編んだもの。室の内と外。間室と室との仕切り又は光を遮るためにかけて用いる<みす>。平安時代には簾(す)と呼ばれ貴族文化の間仕切りとして必要な調度品でした。とても高価なモノとして御簾(みす)と呼ばれました。それが<すだれ>となりました。

すだれには日本の伝統工芸品であるお座敷簾・仏間簾・神仏前簾。又インテリアとしてのアコーディオン式すだれ。カーテンチェーン式ローマンシェードなど店舗用、住宅用のオーダーすだれ・日除けすだれがあります。

なにはともあれ夏の風物詩!素敵ですよね、っね!涼しげな感じとかシンプルなデザインとが何とも言えません。おじいちゃんやおばあちゃんの家をイメージする方も多くいらっしゃると思いますが、使い方次第ではワンルームのお部屋でもモダンな感じのすごくお洒落なお部屋づくりをする事ができますよ。

福岡県知事指定特産工芸品「八女すだれ」を取り扱っております。

※お店の展示は日焼けすだれのみとさせていただいてます。他はオーダーになります。

お気軽にお問い合わせください TEL /FAX 092-753-6295 〒814-0011 福岡市早良区高取1-29-9-1
藤崎通商店街アトリエ棉子イベントスペース2F
営業時間 10:00 ~19:00

PAGETOP
Copyright © 敷物 さりげ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.